10月22日岩屋山登山

文教クラブの活動は主に中学生と高校生を対象にしていますが、今回は小学生と保護者の方を対象として登山を行いました。

行き先は岩屋山。市内にある山ですが小学生のみなさんにはなかなか登りごたえのある山です。近くの公園に午前10時に集合しました。

IMG_0309IMG_0310

秋晴れの絶好のハイキング日和です。

IMG_0311

出発して20分くらいです。元気に後ろ向き歩きを試しています。

「もうリタイア〜」とつぶやいている子もいました。確かに長崎の強烈な坂の洗礼をいきなり受けました。

IMG_0313

途中、休憩ももちろんありました。IMG_0315

疲れていましたが、休憩をすると元気もすぐに回復した様子。

IMG_0316IMG_0319

おやつを食べたり、お茶を飲んだりしています。

だんだんと休憩と休憩の間隔が狭まってきました。あれ、また休憩?という元気な子もいました。IMG_0320

さあ、もうすぐ頂上です!

IMG_0321

素晴らしい景色でした。頑張った甲斐があった!ここでお昼をいただきました。

img_0324.jpg

お昼の後は、ちょっとしたスペースで親子入り混じっての野球大会。木の枝をバットにしましたが、かなり盛り上がりました。img_0326.jpg

山の中ではこんな遊びでも特別に楽しかったです。

IMG_0327

親子で一緒に楽しい時間を過ごしました。もう少しやりたい〜、との声もありましたが、帰路もありますので下山を始めました。

頂上からすぐ下の急斜面です。ここが一番大変でした。

休憩も入れつつ順調に下っていきます。無事に解散場所まで到着しました。

IMG_0336

今日は一日お疲れ様でした。また親子参加の企画をしますのでよろしくお願いいたします!

10月19日〜20日長い黙想会

大分の城南台コンファランスセンターで長い黙想会を行いました。

8時30分に集合して、一路高速道路を大分に向かいます。総勢5名ですが、福岡から参加の1名はJRで直接大分に向かっています。

s__4800517.jpg

スケジュールは以下のようなものでした。初参加の人もいましたが、ちょっとハードスケジュールかもしれません…。

スクリーンショット 2019-10-21 14.11.44

まずはリビングでオリエンテーションです。注意事項やスケジュールの確認をしています。福岡から参加の人も無事に到着しました。

S__4800515

神父様のお説教では、天地創造から始まって、人間は神様の似姿として創造されたものであり、神の子と呼ばれるほどの尊厳を与えられたこと、そしてイエス・キリストの生涯を聖書の引用とともに見ていきました。S__4816901

各自糾明表を見ながら、良心の糾明をしています。みんなよくお祈りをしていました。S__4816902s__4816903.jpg

十字架に架けられたイエス・キリストが辿った道のりを黙想する「十字架の道のり」もみんなでしました。

S__4816904S__4816905

二日目の朝はミサも行いました。

17801781

食堂ではとても美味しい食事を準備していただきました。調理をお世話してくださった方に感謝です。写真は朝食のものです。

1782

一泊二日の黙想会、長かったと感じた人も、短かったと感じた人もいたでしょう。何れにしてもとても貴重な時間を過ごせました。

1783

また来年も行いましょう!

10月6日心技体の日

毎月恒例のこの日がやってきました。心技体の日です(ネーミング・センスがよくわからない…との声も聞かれますが)。

まず、浦上教会のミサに参加しました。綺麗な教会堂の中で「心」をまず磨きました。urakami02s

その後10月(ロザリオの月)でしたので近くのフランシスコ病院の裏手にあるルルドでみんなで巡礼をしました。

巡礼の後はお昼ご飯の食材を買い出しです。メニューは「しゃぶしゃぶ冷やしうどん」。インターネットで子どもたち自らがレシピを探してきました。

1467

スーパー内で食材を求めています。1468

さあ、いよいよ調理です!「技」を競います!

14691470

さあ!完成しました。

14711472

自分たちで用意した昼食ですのでみんな満足気です。お腹もいっぱいになったところで、今度はプレゼンテーションを行います。参加者の一人が、ペルーとコロンビアを旅行してきたということで旅の紹介をしてもらいました。途中、チャランゴの演奏も入りました。

147314741475

文教クラブの会員は国際色が豊かですね!

最後に「体」を鍛えるべく、近所の運動公園でジョギングを軽くしました。7周グラウンドを走りましたが、最後の1周は競争をしました。見事一位になったYくんは、優勝商品のアイスをゲットしました。

14761477.jpg1478.jpg1479.jpg

今月も楽しい「心技体の日」となりました。

9月28日(土)試験前勉強会II

今週末も午後の時間だけでしたが勉強会を行いました。試験直前の週末ということで、今回もたくさんの人が参加しました。

IMG_0265

勉強部屋の様子はどうなっているでしょう?

IMG_0261

初めて参加の高校生が来ていました。しっかり勉強をしています!

常連さんも頑張っています。

IMG_0262IMG_0264IMG_0263

一番の集中力を見せている高校生です。ノートの開き方、問題集の置き方、プリントの置き方まで洗練されている(?)ような気がします!

IMG_0268

IMG_0266IMG_0267

2階では質問コーナーが開かれています。

休憩時間には卓球をして気分転換をしています。

IMG_0272IMG_0271

試験でそれぞれ良い結果を出せるといいですね!

9月22日勉強会

テスト1週間前の日曜日、文教クラブでは朝から夕方まで勉強会を行いました。

IMG_0250

IMG_0258

真剣な雰囲気の中、それぞれ頑張っています!

IMG_0257

IMG_0256

でも、時にはちょっと緊張の糸も切れますが。。。

IMG_0255

台所では、質問をする生徒・質問に答える生徒が勉強をしています。(長机のある勉強部屋は基本的に無言で学習をします。質問がある生徒は台所に移動します。)

IMG_0252

IMG_0253

友達同士での教え合いは、双方にとって大きなメリットになります。どこがどのように分からないのか聞きやすいですし、教える方も順序よくどう伝えるかをよく考えるので自分の理解もさらに深まります。

IMG_0251

何か質問があるようです。

IMG_0254

その後は黙々と頑張っています。

一日の最後は、お御堂で神父様のお説教を聞きながら祈りの時間を取りました。

1146

勉強は素晴らしいものですが、注意しないといけないことがあります。それはいつの間にか「自己中心的」になってしまうこと。自分の成績、自分の時間、自分の満足、そんなもので心も頭も一杯になってしまうなら鼻持ちならない人間になってしまいます。そうではなく、この勉強が将来より良い社会や世界、そして周りの人々のためになりますように。そう願いながら勉強することで、その勉強は祈りへと昇華していくことができるのです。聖ホセマリアは、「現代の使徒(キリストに従う者)にとって一時間の勉強は一時間の祈りである」、そう言えるような勉強の仕方があるのだと教えました。

1145_Fotor

(明治時代の学び舎風写真。意図してこうなったのではなく、単に携帯のカメラ機能の低さによります。。。)

 

 

9月21日黙想会

土曜日の夕方4時に集合して、毎月の黙想会を行いました。

スケジュールは以下の通りでした。

スクリーンショット 2019-09-24 16.15.38.png

一つ目の説教では、「信じる力」について神父様がお話しされました。目に見えるもの、手で触れることができるものだけを頼りに生きていくのか?あるいは、目に見えないし手で触れることができないものに信頼することを知っている人として生きるのか?私たち一人ひとりが「信じる力」を手にすることができるように、聖書の言葉を黙想しながら祈りました。

DSC_0869

DSC_0868

二つ目の説教では、「愛すること」について聖書の登場人物の生き方に注目しながら祈りを進めました。イエスの弟子たちは、イエスとの個人的な出会いを通してその人柄に惚れ込みながら人生を熱く生き抜きました。その生き方を一言で表現するなら、「愛に動かされて生きる」と言えるでしょう。そんな生き方について、お御堂で静かに祈りました。

DSC_0870

最後にご聖体を前に、聖体賛美式を行いました。

DSC_0874

DSC_0871

とてもいい祈りのひと時となりました。

 

 

9月8日(日)武雄ボランティア

あるニュースより引用。「2019年9月27日から28日にかけ、佐賀県内の各地で1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降り、気象庁は同日午前5時50分、佐賀県に大雨特別警報を発表しました。」

長崎市からほど近い武雄でも先の豪雨で大きな被害が出ました。それを受けて、文教クラブでも急遽、ボランティアのグループを結成し微力ながら復興のお手伝いに行ってきました。

朝7時30分に文教クラブ集合。お弁当、長靴を持参し、高校生有志4名と文教クラブスタッフ2名で武雄市に駆けつけました。799

集合場所には日曜日の午前中の早い時間にも関わらず大勢のボランティアが九州各地、そして日本の各地から集まってきていました。(総勢300人くらいで遠くは東京から来ている人もいました。)広い敷地には、廃棄する家具、家財道具が山積みになっています。

800

文教クラブの我々は、土砂が流れ込んだ家屋から手作業で土砂を撤去していきます。

午前中の作業も一段落つき、休憩をしました。

808お昼ご飯前の集合写真です。たくさんのボランティアが武雄に駆けつけていることがわかります。神社の敷地がボランティア活動の拠点となっていて、そこでお昼ご飯を食べました。地元の方々が豚汁とおにぎりを振舞ってくださいました。飲み物もたくさん用意していくれていて、ありがたかったです。810

午後からの作業は水田に入った泥を掻き出す作業です。大量の泥が入っていて農家の人もどうしようもなかったところを、たくさんのボランティアが入って泥を掻き出しました。一生懸命働きましたが、今日一日でできたところはごく一部分でした。

813

下の写真は小学生のボランティアたちが水田に溜まった泥を運んでいる様子です。小学生もボランティアに来ているとは、、、感心しました。812

一緒に作業をしていた人たちの中には、福岡から来ていた高校生もいました。彼は一人で佐賀県までボランティアに来ていました。精道の高校生も刺激を受けていました。今回のボランティアは作業をして被災地を支援することが目的でしたが、参加した高校生自身が色々な人との出会いを通して多くのことを学んだと思います。


ボランティアが終了し、着替えた後にボランティアセンターで休憩。またもや地元の方々がかき氷を振舞ってくださいました。暑い中での作業だっただけにこのかき氷で生き返りました。

817下の写真、真ん中の方をご存知でしょうか。そうです、スーパーボランティアの尾畠さんです。1日働いた後で尾畠さんも相当疲れているはずなのに、写真をお願いすると喜んで一緒に撮らせてくださいました。当然私たちだけでなく、写真を一緒に撮りたい人の列ができていました。尾畠さんの明るさには、被災された人たちだけでなく、私たちボランティアも元気づけられました。818

今回のボランティアはきつい作業ではありましたが、本当に充実した1日でした。(右から二人目の人が、今回ボランティアで出会った福岡から一人でやってきた高校生です。)

816

8月12日 大村サイクリング

災害級の暑さ(?)でしたが、大村のしあわせ街道(国道444号線)をサイクリングしてきました。

IMG_0230

なぜこの季節に?

それは写真を見ていただければわかります!

IMG_0232

そう、しあわせ街道の先には渓谷があっていい水浴びができるから!

わずか20数キロでしたが、最高のサイクリングでした。

7月15日 ボーリング大会

一学期終了をお祝い(?)して、みんなでボーリングをしました。IMG_0150IMG_0149IMG_0148IMG_0147IMG_0142IMG_0143IMG_0144IMG_0145IMG_0146

なんだか50点未満のスコアの人もいたようで…。

楽しくボーリングをした後は文教に戻って神父様のお説教を聞きました。一人ではなくみんなで楽しむことの大切さ、周りの人がいかに楽しめるか気を配ることの大切さ、そんなことを聖ホセマリアの教えを交えながら話していただきました。

IMG_0078IMG_0076IMG_0075

そしてお説教の後は、お待ちかね、ささやかなパーティーです!クラブを代表して中3T君が挨拶をしたり、おやつを食べたり、カードゲームをしたり、楽しいひと時でした。

IMG_0155IMG_0154IMG_0153IMG_0152IMG_0156IMG_0157

最後に記念撮影をしました!(トロフィーを持っているのは、最高スコアではなく、最低スコアをマークした人!?)

IMG_0158